スポンサーリンク

【POLA】第6世代B.A ローション スイッチを一斉にONにする『LINC00942』の効果はイカに?

コスメ体験レビュー
この記事は約6分で読めます。

こんちわ藤堂 璻鸞です。

7月から唐突に始まった猛暑も、やや落ち着いてきた今日この頃。いかがお過ごしでしょうか?

季節も一歩進んだこの時期に、来たる秋・冬に向けてPOLAのB.Aシリーズがリニューアルしました!

POLA B.Aというと、『抗糖化コスメをメジャーにした』というイメージなのですが、かくいう私もリニューアルを跨いで何本もリピートしたお気に入りのコスメブランドの一つです。
美白ラインも買ってました。

ということで、今回はPOLAさんからの頂き物のローションをご紹介します。

 

スポンサーリンク

生命感あふれるスタイリッシュでブラックなパッケージとボトル

第6世代POLAB.A ローションのパッケージ外観

■ B.A ローション
 ・120mL ¥22,000(税込)
 ・ハーフサイズ 60mL ¥12,100(税込)
 ・リフィル120mL ¥20,900(税込)

パッケージは神殿の柱みたい。スタイリッシュでコスメには珍しい四角のボトル。ボトルは生命感というか伸びる竹を切り出したような有機っぽい感じのあるデザインになりました。

フラワーアーティスト東 信(あずま まこと)氏によるアートワークも、思わず引き込まれるようなあの神秘的で生命感あふれる仕上がりです。
コスメのコンセプト写真としては群を抜いたこだわりを感じます。

さてそんなB.Aシリーズですが、1985年の発売から数えて第6世代目なんだそうです。

私は2009年の抗糖化リニューアル時からのお付き合いですが、こんなにロングセラーだったんですねー。知らなかった…

 

スポンサーリンク

50,000以上のジャンクDNAから発見。LINC00942で生命感あふれるハリ肌へエイジレスな状態に変わる。

近年は遺伝子レベルの研究により開発されているコスメも少なくないですが、新しいPOLA B.Aもその一つです。

肌の美しさはもとより寿命から体質、外見と言った人それぞれの特徴や特性の大本である遺伝子ですが、その98%は生命にとって不要と考えられており「ジャンク(がらくた)DNA」と呼ばれていたそうです。(…知らんかった。でも、いくらなんでもジャンクは言い過ぎでは…)

そこでPOLAさんはその98%の中にこそ、美しさの可能性が眠っているのではと考え、その98%に含まれる50,000以上(!)の中から『LINC(リンク)00942』に着目。

この『LINC(リンク)00942』が遺伝子のスイッチを後天的にONにする鍵であることを発見したのだとか。

そして「LINC00942が少ない=遺伝子スイッチがOFF」の状態であり、「LINC00942が多い=遺伝子スイッチがONの状態」となって年齢にとらわれず機能を発揮できると言うことらしいです。
ほんで、スイッチをオンに出来るのが新しいB.Aというわけですね!

なお、遺伝子を後天的にON状態にすることで活性の高い良い細胞を増やし、POLAさんの考える「エピ・ハリネットワーク理論」を実現するのがエピゲノムと言うもので、例として「一卵性双生児が、同じ遺伝子をもっていても育つ過程で違う性質をもつ人間として成長していくようなこと」であり、環境や生活習慣などで遺伝子が後天的に変わっていくという仕組みによるものなんだそうです。

なるほど、「双子であっても似ているのは顔だけ」って事例は見たことある方もいらっしゃると思います。それです。(それにしても化粧品からこんな人体の不思議まで知れるとは…)

それにしても、このエピゲノムを利用できればどれだけだって可能性ありますよね!人体凄い!!
というわけで前置きが長くなりましたが、中身などのご紹介です。

 

スポンサーリンク

馴染んだ後に優しく包まれて高い保湿感を実感。とろみがあるジェルっぽいローション。

大まかな使用感などのイメージは変わらないものの、よりパワーアップしています。

第6世代POLAB.A ローションのボトルの見た目

キャップを取るとディスペンサー式です。個人的に適量がわかりやすく衛生的なので個人的に好きなタイプ。

第6世代POLAB.A ローションの質感の様子

中身はこういう感じで、透明でジェルかと思うくらいのとろみを感じるテクスチャのローションです。


相変わらず優しく包まれるような馴染み方で、馴染んだ後に油分を感じるので、なんというかこれだけで保湿済むんじゃないかというくらいのしっとり感で保湿感が増した感じがします。

夏場などはこれだけでいいような気さえしてきますね。(よくない)

第6世代POLAB.A ローションを肌に塗った様子

新しくポーラオリジナル複合保湿成分の「仙人穀ロス」が配合されています。

仙人穀とはいわゆるスーパーフードで、南アフリカ原産の紀元前400年ごろから主食として栽培されてきたヒユ科の植物だそうです。

その種子エキスとハーブの一種セージの葉エキスの複合成分が仙人穀ロスマということみたいです。

食べ物から抽出してるってところがなんだか安心感です。

他にも科学素人の私でもぱっと見てわかるレベルでですが、
・チョウジ(丁子-クローブ。スパイスの一種)
・セージ(ハーブ)葉
・ヘチマ
・レンゲソウ
・イガイグリコーゲン(ムラサキイガイ(パーナ貝)から採れる成分)
・イザヨイバラ
・セイヨウハッカ葉
・マヨラナ(マジョラム)葉
・ヨモギ
・アケビ茎
・センニンコク種子
の各種エキス配合

そこに
・真珠由来の加水分解コンキオリン
・シルク由来の加水分解シルク
といったアミノ酸たっぷり系の美容成分が入っています。

 

スポンサーリンク

シプレ系の香り。他のアイテムと合わせて使うことで香りが変化。朝と夜で違った趣きに。

あと、香りが凝ってます。

香りの印象はそこまで変わらない感じですけど、より花っぽくなったかな。

以前はグリーンフローラル系だったのが、シプレ系の香りに変わっています。

「シプレフローラルアレンジメント」と名付けられており、使用後は香水のように香りが変化し、他のアイテムと合わせて使うことで、朝と夜でまた違った趣きになるという仕組みです。

考えられてますねぇ。凄い…。なお、香水というワードが出ましたが、そこまで強くないです。

 

スポンサーリンク

ラインナップは120mlとハーフサイズ60ml。リフィルもあり

ハーフサイズをレギュラー販売してもらえるのはありがたいです。

やはり、お安いとは言いづらい価格ですからお試しにも携帯用にも出来るサイズがあるのはいいですね!

第6世代POLAB.A ローションパッケージ

それと、この紙箱のQRコード。何だと思います?何とデジタルカタログなんです。

スマホのカメラで読み取ると、商品説明や全成分表の見られるページにつながります。

よくリーフレットが入っている商品がありますが、こちらはペーパーレス。エコですね!

リニューアルされると使い心地が変わったり改悪されている…

なんて事も少なくないですが、今回も変わらないクオリティでした。

こちらを使い切ったらフルボトルを買いたいとおもいます。

というわけで、ではまた!

¥15,280 (2024/04/21 17:08:04時点 楽天市場調べ-詳細)
公式サイトはこちらから。

◆POLAのプロモーションに参加中
B.A 公式ホームページはこちら

スポンサーリンク
シェアする
藤堂 璻鸞をフォローする
当サイトの運営者
Author
藤堂 璻鸞

美容周回遅れのアラフォー・お馬さん好きが体当たりで当サイトを運営しています。
わたくしの一口馬主の出資馬

藤堂 璻鸞をフォローする
UMAJO(ウマジョ)のコスメ体験レビューと一口馬主